2号

少し前まで、早朝くらいは、気温30度以下だったが
現在は、一日中どこに身を置いても猛暑で汗だくになる毎日。

3日前、スズメのチーちゃんの声が一日中聞こえず、姿も見なかった。
ついに暑さに負けてしまったのかと、心配しておった。

その翌日の早朝、スズメたちの鳴き声がいつもより賑やかだった。
外に出て見ると、隣家の二階部にあるスズメの宿付近に、一族総出かと思うほどスズメが並んでいた。
私が近づくと、スズメたちの鳴き声が警戒に変わり一層騒がしくなった。
チーちゃんの亡骸が近くにあるのかと見渡すが、幸いなかった。
耳を澄ますと、子スズメと思われる鳴き声が微かに聞こえる。
音を探って行くと、植え込みの近くに小さな子スズメがいるではないか。
チーちゃんより少し幼いようだが、しっかりとした『スズメ顔』をしている。
車に引かれる可能性があるので捕まえようとすると、素早く我が家の庭に入って来た。
スズメなりに隠れたつもり
(エサ入れの上に顔が写っている)

20220731_164219.jpg
(画面を指で広げると、スズメの姿が分かる)
周りの大人スズメが警戒して鳴くので、身動きも鳴きもせずジッとしていた。
危機感覚を持っているので、正常な野生の鳥だ。
動かなければ土面と同化して見分けがつかない。
よくないことと思いつつ、子スズメを手の平に乗せてみたら、真綿のようで重さを感じなかった。
チーちゃん2号とする。

チーちゃん1号の姿を探すと、皆と一緒の所でゴハンを食べていた。
私としては、どちらかというと、1号の方が心配ある。

20220801_175741.jpg

本日の2号
お稲荷さまの屋根の上におります。
下りることができるのだろうか。
ある意味、大物かも。







この記事へのコメント