怠い

昨日の午前中に、4回目の新型コロナワクチン接種を受けた。
接種の翌日から体がシンドイことを、前回の接種で経験しているので、
その日の内に、ドンさんの病院に行った。

街の中は3年前の賑わいが戻っているように見えるが、病院内は、変わらず厳戒態勢が続いているようだ。
病院での用事を済ませ、駅前で買い物をした。
帰りのバスに間に合うよう小走りで地下道を行き、駅構内の階段を上り下りする。
普段運動不足の私には、かなりキツイ。
特に地下道は、閉塞感もあって疲れる。

家に戻り、荷物を置くと、一気に体が軋み出す。
数年前まで、中央に行くことは心身のリフレッシュだったが
今じゃ、疲れが残るだけだ。


今日は、朝から体がだる重だ。
朝の弁当作りも、ダラダラとしていた。
家にいるって、こういう時には都合が良い。


週に一度参加している研修の報告書を作成する。
報告書は手書きだが、自分でも呆れかえるほど漢字を忘れている。
イマドキ国語辞典は手元にないので、PCで調べる。

私の脳内は、かなりスカスカしているようだ。
ペンを持って字を書くのは、住所と氏名くらいなものだ。
それさえも忘れるのは、そう遠くないと思う。



この記事へのコメント