なぽりたん

独りの昼食には、手間ヒマ掛けないし、外食はめったにしない。
パンや菓子を口に入れて済ますこともある。(よって、夕方腹がへる)

年に何度か『スパゲティナポリタン』が食べたくなり、作ってみるが、なかなか満足できない。
缶入りのナポリタンソースを買って使っても、香味を加えないからか、ただの
ケチャップ麺に感じる。
以前、地元の店で注文をしたことがあったが、自分の好きなナポリタンではなかった。

私の『ナポリタンの歴史』は、子供の頃に食べた、一食分が真空パック詰めされた蒸パスタを油で炒め、小袋に入ったトマトケチャップの粉末を混ぜ合わせるものに始まる。
当時、これが弁当に入っていると嬉しかったと記憶している。
その影響か、いまだに太目なもっちりパスタのナポリタンが好きだ。

もうひとつの思い出は、40年以上前、中央の学校に行っていた頃
駅前のビル一階にあったスパゲティ専門店。
入り口が大きなガラス戸2枚の自動ドアで、奥に12畳ほどの窓なしフロア。
セルフサービスで、注文から出来上がりまで短時間なのは、独りで入店する私には都合が良かった。
盛りが良いわりに値段が安価というのも、学生の財布に優しかった。

男性客も多い店で、勤め人のランチ利用と、学生も多かったかも。
私はいつも独りで、好きなボロネーゼ風のスパゲティを注文した。
年頃だったのに、色気より食い気だったのかもしれない。
時々、『ナポリタン』を注文することもあった。
その酸味と甘みの加減が好きだった。
ほかにもスパゲティの種類はたくさんあったが、その二種類しか食べたことがない。

社会人になってから、数年ぶりに、その店の前を通ったら、ビルの一階は空き店舗になっていた。
駅前の一等地だったが、別の場所に移転でもしたか、どうかもわからない。
「私にとってのイチ時代が終わった」ような気分で『テナント募集』の広告を見たもんだ。(オーバーだ)


休日の昼食は、家族が好きな『ソバ』や『うどん』『ラーメン』を作ることが多く『スパゲティ』が積極的に献立に入ることは少ない。

しかし、私が独りでいる時、『ナポリタン』を食べたいと思うことがある。
そんな時のために、冷凍の『ナポリタン』を買い置きしいている。
多くのメーカーが『冷凍ナポリタン』を出しているが、今風のシャレたものではなく、昔ながらのシンプルな感じでよい。
20220901_203624.jpg
あれば、ピザ用とろけるチーズをのせるもよし。

完食した皿一面に、オレンジ色の油ソースが残っている。
『ナポリタン』を食べる時には、このソースが飛んでしまうことを注意しなければならない。
自らの襟元、胸元に着くと、なかなか大変。
食後には、口元のテカりをさりげなく拭き取る必要もある。

そうしてみると、『ナポリタン』は、外食に不向きだ。
平日の独りメシに、ひっそりいただくのが良さそう。。



今年は、庭の『ほおずき』の育ちが遅く、『盆』に間に合わなかった。
毎年『ほおずき』を隣家の奥様にお分けしているが
今回は秋彼岸用になりそう。
昨年、曲がったまま成長した『ほおずき』は、今年も曲がったままだった。
赤い実は、まだ1個だけで、裏側に青く小さい実が2つ隠れている。
20220901_175640.jpg

どうせなら、もっと芸術的な曲がりであって欲しいもんだ。






この記事へのコメント

TOMATO
2022年09月03日 09:37
こんにちは

スーパーに行くと、冷凍パスタの新製品は出ていないかと、冷凍庫をのぞきます。昔は2種類だったのが、最近は外食でも冷凍でも種類がすごく増えましたよね。パッケージの彩の華やかさに惑わされて? つい買ってしまいます。
カラス
2022年09月03日 14:26
TOMATOさん ありがとうございます。

最近の冷凍食品は、種類が増えましたね。
お店の方でも、各メーカーさんの商品の種類が重ならないよう入れるので、店によって品揃えが違います。
定番の『ナポリタン』は、どちらの商品も、パッケージがオレンジ色を基調にしているので、時々、欲しかったものでな方を間違って求めてしまうことがあります。
じつは、写真のナポリタンは、メーカーが同じでも違うナポリタンでした。
2022年09月07日 15:52
「お子様ランチの脇にちょこんと付いているケチャップスパゲティ」と「学生時代に喫茶店で食べた熱い鉄板の上にのって出てくるナポリタン」。その2つが古いスパゲティの記憶です。あれを再現するのって意外とむずかしいですよね。
カラス
2022年09月08日 08:50
KURIさん ありがとうございます。

ケチャップゴハンが子供向け風なので、ケチャップだけを使用すると、ほかの料理も同様に感じてしまいます。
『冷凍ナポリタン』をいろいろ試しみると、とても味の幅が広いのです。
とても一口では言えないメニューなんだと、あらためて感じました。
恥ずかしながら、味に何か足りないと感じると、何にでもとろけるチーズをのせてしまいます。もちろん自分用のみですけれど。