やすらぎ

ドンさんが入院している病院に行く。
最近、日に何度もドンさんから電話が入る。
用事があるような、ないような・・・・・・ 
自分で何回電話をしたか、覚えていないようだ。
(覚えることに意味がない)
数年前まで、親戚や友人に、暇にまかせて電話を入れていたようだが
ドンさんの話相手をしてくださった方々も、入院中だったり、亡くなられたり。
すっかり寂しくなってしまった。


病院に行く前に、中央の駅前で買い物をした。
ペデストリアンデッキを歩いていると、植え込みの草花に目が行く。
いつも忙しく通り過ぎていたが、今日は足を止めて眺めた。
以前の花壇は、マーチングバンドのようにキッチリ花々を並べたものが主流だったが、数年前から『イングリッシュガーデン』風になった。

20220905_124613.jpg

20220905_124623.jpg

20220905_124832.jpg

20220905_124730.jpg

20220905_124737.jpg

20220905_124910.jpg

はじめのうちは、なんとなくまとまりがなく、ぼんやりした印象を持ったが
見慣れると、これはこれで、優しく、やわらかく、可憐と感じるようになる。

写真を撮っていると、私より少し年上とお見受けする女性から声を掛けられた。
「山に行くと、こういう花はたくさん咲いてるわ」
「ウチの庭にも、あるわよ」
ニコリともしないで、植え込みを見ている。
その女性が、何に関心をお持ちなのか、数秒の会話では分かりかねるが、
一般的な花壇と雰囲気が違い、どこにでもある道端の草木と変わりないと感じたのかもしれない。

花を中心に撮ると、花瓶の花より美しいと感じる。

でも、植え込み全体を見ると、雑然と感じる。

元々から植えられている植木とアンマッチなのかもしれない。


いつもの雑貨ショップで、造花を購入する。

安心、安全 がよい。








この記事へのコメント